職業実践専門課程 認定学科設置校

お知らせ

入学試験実施に際してのコロナ対応【重要】

 

        入学試験実施に際してのコロナ対応【重要】

 依然、コロナ感染には最大限の注意を払うべき状況が続いている中、本校では入学試験等の実施にあたり、
 以下の措置を講じ、感染拡大防止に努めます。

≪事前の対応≫
 【試験会場の分散】
 ・筆記試験会場および面接試験会場を多数用意し、1室への入場者数の低減につとめます。
 【試験会場の座席間の距離の確保】
 ・座席の配置は、1メートル程度の間隔を確保します。
 【マスク、消毒液の準備】
 ・試験会場内では、不織布マスクの着用を義務とし、未所持者にはマスクの提供を行います。
 また、試験場入り口には消毒液を設置します。
 【面接官、試験官、運営スタッフの体調管理等】
 ・当日試験業務に携わる関係者については、ワクチン接種、抗原検査、体温測定等を実施の上、
  体調管理を徹底します。
 【看護師の待機】
 ・試験中に体調が悪化した場合に備え、看護師を待機させます。
 【別室の確保】
 ・試験中に体調が悪化した場合に備え、別室を用意します。
 【試験会場の机・イスの消毒】
 ・試験前日に消毒用アルコールを使用した拭き取りを行います。
 【面接試験の実施】
 ・感染拡大の防止に留意し、希望者には、オンライン面接の選択を可能とします。また、対面での面接に
  おいては、受験者同士および面接官との間隔を1メートル以上空け、飛沫飛散防止パネルを設置します。
 【時差集合の実施】
 ・受験者の多い日程では、集合時間を分けた分散集合を実施します。
 【トイレの混雑の回避】
 ・会場の分散および時差集合や複数トイレの利用の案内に加え、トイレ休憩時間を長めに確保し、トイレの
  混雑を回避します。
 【保護者控室の設置について】
 ・試験会場への入場を抑制する観点から、保護者控室の設置は控えさせていただきます。保護者の方は、受験者
  の送迎のみでお願いします。なお、受験者の終了を待たれる場合は、自車内で待機していただきます。

≪当日の対応≫
 【マスク着用の義務付け】
 ・試験会場内では、受験者はもとより試験官等についても不織布マスクの着用を義務とします。
 【試験会場・面接会場ごとの手指消毒の実施】
 ・試験会場、面接控室、面接会場への入退出を行うごとに、消毒液による手指消毒を義務とします。
 【発熱・咳等の症状のある受験生への対応】
 ・試験会場入室前には検温と手指の消毒を行っていただきます。またその際、発熱・咳等の症状が認められた場合は、後日受験の対応となります。
 【換気の実施】
 ・試験会場では窓を開け、換気を励行します。
 【昼食時の対応】
 ・昼食時の会話、交流、接触を抑制する観点から、昼食は各自自席でとることとします。

≪受験生の方に、あらかじめお願いしたいこと≫
 ・試験日の7日程度前から体温測定を実施していただき、体調の変化の有無について確認してください。
 ・試験日の2週間程度前から発熱や咳等の症状がある方は、予め医療機関で受診を行ってください。
 ・試験当日は不織布マスクの着用をお願いしますので、ご準備ください。
 ・試験当日に検温していただき、37.5度以上の熱がある場合は、受験を取りやめることを検討してください。
  また、37.5度までの熱はないものの、発熱や咳等の症状のある方は、その旨を試験官に申し出てください。
 ・休憩時間や昼食時等における他者との接触・会話は極力控えてください。
 ・保護者控室は設けておりませんので、付添いの方の試験会場への立ち入りはご遠慮ください。

ページトップへ